キーワード「健康体操」等で、どちらかの、検索から、いらっしゃった方は、こちら、「武術的健康体操とは」をお読みください。
ブログという仕組み上、常に新しい記事が表示されますから。 記事作成中


ほとんど、練習をしなくなっていたのだけれど

久しぶりに練習をする。といっても、教室には時間の都合で通えないので、一人練習です.

纏糸掌

纏糸掌

纏糸掌とは、単純に表現するなら、自然体に立ち、右手、左手を交互に前へ出すというだけの動きです。 確かに、その動きの手順を説明するだけでしたら、とても単純なのですが、同時にとても難しい基本練習でもあります。

 
まずは動き始めについて。

単純に腕に力を入れて、手を前に出せば、それは術ではありません。ごく普通の動きで特に練習する必要はありません。

初手の段階では、とにかく、自分なりに先生の動きを真似るしかありません。そして、同時進行で見る目を養いつつ、先生の言葉を記憶して、矛盾がない動きを見出していかねばなりません。

少しわかり始めましたら、上半身の力、特に肩や腕の力をその姿勢が維持できるぎりぎりまで力を抜くことが大事になります。ただし、下半身の力もすべて抜く わけではありません。腰はしっかりとした状態です。もっとも、その段階や得ようとするものによって、腰を緩やかにして、膝を、もしくは足首より下を充実さ せることを意識して動くことも大事ですが、これは、自身の動きがもっとこなれてからのことです。

動き出しは腕に力をいれず、下半身を微かに移動させ、体軸を微かに前に移動させることで、肩が前方に滑り出すように動きます。斜めの板に丸いものを置けば転がっていくように、下半身の位置の変化が動き出しを促します。

上半身の姿勢を崩さないぎりぎりのところまで、力を抜くことで、無理なく滑り出すことができると思います。 ただ、本当に微妙な変化によって、動き出すもので、目に見えて下半身の位置が変化するようでは、それは適切ではありません。

上記のように動くことによって、起こりの無い腕の動きとなり、同時にそれは上半身一体の動きとなります。熟練が進めば、それが全身運動となります。

 
手を伸ばしきったところで動きを止めるとき

風船の変化をとどめること

突きの衝撃はどうすれは、相手の体にとどめられるか。それは突きによって発生した相手の体の反発力を如何に押さえ込むかに依ります。拳の質量に対にして、反発する力は相対的に大きく、弾かれてしまいますと、力が伝わりません。

突きの速さを増すにはどうすれば良いか。サッカーや野球やゴルフ、ボールが凄い速さで遠くまで飛んでいきます。何故、あんなに速いのか。様々な工夫がされ てのものでしょうけれど、注目すべきは、例えば野球でボールを投げる、このホールは投手の手から離れて飛んでいきます。これが大事でして、人の拳は拳だけ が体から離れて飛んでいきません。つまらないほど当たり前のことですが、そこに大事があります。

突きの速さを増すには拳を腕から切り離してしまうこと、そして、突きの衝撃を増すには、突きがまるで体当たりになるかのように拳と体全体を繋ぐことが大事です。

纏糸掌の手を伸ばし終えたとき、掌の指先先端が足の裏までしっかりと繋がり一体となって地面を噛んでいることが肝心です。

 
纏糸のこと

体のそれぞれの部分を一つに繋ぐ方法が纏糸掌の纏糸です。

重いものを押し出そうとする時、どれほど足腰が強靭でも腕の力が弱ければ、重いものを押し切ることができません。

纏糸とは体の捻りです。

肘関節で考えてみます、重いものを押し出そうとすると、肘が曲がってしまいます。この肘を曲がりにくくするには、押し出している力の方向を軸に、微かに捻 りを入れることで、曲がりにくくなります、つまり、力を伝達し易くなるのです。この微かな捻りを一瞬で体全体に施すことで、体の部分一つ一つが一体にな り、ほんの指先一つの小さな動きでさえ、全身運動と化すことができるのです。

纏糸掌では、このように、体の各部の繋がりを切ったり、繋いだりすることをも教えてくれる動きです。

記号という受け取り方は面白いなと思う。

記号という受け取り方は面白いなと思う。

昭和のエートス 文春文庫 う19-13 内田樹/著出版社名 :  文藝春秋 
出版年月 :  2012年8月
ISBNコード :  978-4-16-783808-9 (4-16-783808-7) 

面白いなと読む。

格闘技の試合にしても、街中の喧嘩にしても、相手を殴ることがどうして出来るのか。
こういう捕らえ方はありだなぁと思う。
例えば格闘技の試合の相手、向かい合ったときに、ふと考える。
彼もがんばって練習したのだろうなとか考える、仕事、終えた後、ジムで汗を流したのだろう、その後、、仲間と飲み屋で未来を語り合ったのかなぁ。今日の試合も、家を出る前に近所のおばちゃんから、あんた、珍しく早いねぇとか言われて、今日は試合なんだ、頑張るよ、なんて言ったのかな。家で、親父からいつまで夢みたいなこと言ってんだ、お前ぐらいの奴なんて掃いて捨てるほどいるぞとか言われて反発して自分の部屋に閉じこもったり、彼女がいて、そんな危ないことやめてよ、なんていわれているかもしれないな。あ・・・、もしも、俺が彼を一発で倒してしまって、気絶した彼の元に、彼女が飛び込んで来て、だから辞めてくれって言ったのに、とか涙ながらに彼を抱きしめて、袖口なんかで、彼の吐いた血反吐を拭おうとしていたら、俺、もう絶対、ごめんなさいって謝ってしまうだろうなとか。

まっ、そういうことを考えたら、とてもではないけれど、目の前にいる彼を殴ることなんて出来ないわけだ。
逆に、彼を殴ることが出来るというのは、殴るという行為に対するこの様々な雑音が消えてしまうということだ、つまり、雑音を消していき、ひたすら、攻撃することに純化していくこと、様々なことごとを削いでいくことで、初めて、殴るという行為をおこなうことができるわけだ。
人であったはずの俺という存在が、殴るという行為のために、様々なものをそぎ落としていく、その結果が、記号化という、著者の展開なわけだろうと思う。

いじめも、多分、似たような展開であろうなとか思う。
俺が記号化してしまった・・・、我を取り戻してそれに気づいたとき、俺は呆然とするであろうなと思う。そして、それを受け入れたとき、俺は人ではなくなるのだろう。

そこまでの実体験は私にはないけれど(多分)、それはあまり幸せなことではないなぁとか推測する。

記号化は感染する。気をつけねばならない。
少なくとも、試合では、記号化から、身体の言語化へと転位しなければならないと思う。

つまりは、おはようございます、今朝は寒いですね、もう師走ですから、そんな定型的な会話に準えて、動きを定型化していく、いわゆる、型稽古を導入することで、人を記号化させないことが大事だと思う。

多分、これについては、型稽古についての認識の違いから、大いに誤解をうけるだろうけれど、気が向けば解説したいと思う。

武術的健康体操とは

様々な健康体操がある中で、特に武術的と書きましたのには理由があります。

武術と申しますと、殴ったり蹴ったり、格闘技と同じように思われる方も多いでしょうが、もし、分類するというなら、武術は格闘技など、空手や、柔道、レスリングとではなく、踊りや舞に近いものだと考えています。
もちろん、武術では、突きや蹴りもありますが、武術は格闘技のように、明確に存在する目の前の相手に勝つための技術というより、とりあえずは自分自身が負けないための技術だと思っています。

ですから、武術では向かい合っての真っ向勝負という想定はありません。
自分に危害を与えようという相手にうっかり出くわしてしまい、出来れば逃げたいけれどそうもいかず、仕方なしに闘うことになってしまう、そういう前提で考えていますので、出来るだけ相手の攻撃をがしっと受け止めるようなしんどいことは避けたい、また、攻撃するにしても、無理に力まず、でも、効果のある突きを繰り出せればいいなぁ、とか、ま、考えるわけです。
さて、そういう、都合の良い動きをするには、効率の良い、無駄のない、洗練されて、柔らかな角のない動きを身につける必要があり、それこそが武術的な体の動かし方なのです。
ここ最近良く見かけるお店がマッサージや整体のお店。流行りなのかなと思いますし、私の知り合いも通っていますが、ああいうのって、週に2度3度と行くこともあるらしいですね。一度行って体を整えてもらえば、糖分、行く必要がないのではと思うのですが、どうもそれは考え方が違うらしい。
体を整えても、日常の習慣となった動きに歪みがあるから、日常の動きそのものを直していかない限りはずっと通わなきゃならない。
武術的動きというのは、この日常の動きから変えていくことを目指しています、そして、それに特化したのが武術的健康体操だと思います。

ただ、武術的健康体操のかなり大きな問題点として、今まで長年かけて身につけてきた、「普通の体の動かし方」を全否定して、0から体の動かし方を覚えていかねばなりません。それは、今までの自分自身を否定することにも繋がり、よほどの強い思いがなければ続けることは困難かもしれません。


ゆるみ

ゆるみ、感覚的にはとろけるチーズ

ゆるみ」というのは、太極拳教室にて練習している周流の基本的な練習法の一つで、柔軟体操の一つとも言えます。

ただし、見た様子は柔軟体操には、ほぼ、見えません。

動いているか動いていないか、わからないほどゆっくりと、しゃがんだり、両手を広げたりします。

「体操 ゆるみ」などで検索されますと、たくさんの検索結果が表示されると思いますが、ほどんどが、ゆらゆら体を振ったり、確かに緩んでいるなぁと直感的に思うことができるような動きであるかもしれません。

どうして、そういう違いが現れるのか、つまりは「ゆるみ」とは何か、ここへ遡って考えるのが、適切な練習に繋がるかと思います。

つづく

基本- 体作り

周流での基本練習について少し書きます。ただ、これは私の印象ですので、正鵠を得てはいません。(情報はずいぶん古くなっています)

  1. ゆるみ

てんししょう

端的に、崩しというのは

http://namiyui.com?itemid=1864

 

タイトル: 端的に、崩しというのは

内容:

端的に、崩しというのは

端的に、崩しというのは、ちょっと、そこ、ごめんねと割り込むのと似ています。

立体的な狭い空間を相手が占有している、もしくは占有しつつあるところへ、よいしょっと割り込んで、その空間を奪ってしまう、その結果として、相手が崩れてしまうということです。

お互いが向かい合い前蹴りをする。ちょうど、脛が当たるような蹴りで、この当たるであろう辺りの立体的な空間で、相手がその空間を占有しつつあるところを、ちょっとごめんねと割り込む、それによって、相手の姿勢が崩れます。

脛同士がぶつかり合えば、もちろん痛いわけで、それは避けたい。

そのためには当たるところで、すっと足をほんの少し伸ばし、包丁で大根を切る要領で伸ばしつつ、相手のふくらはぎの方へ入り込み、ほんの少し救い上げるように動けば、相手の姿勢が少し崩れます。

つまりは一瞬で複数の動作をしなければならないように、思えますが、もちろんそうではありません。

体を開くという動作一つで充分です、たぶん。

開く閉じるの動作を移動中に行うと、螺旋的な動きになります。

この螺旋的な動きが複数の動作を内包しています。

また、書きます。

 

Powered by Nucleus CMS

(http://www.nucleuscms.org/)

崩すということ

http://namiyui.com?itemid=1862

 

タイトル: 崩すということ

内容:

体を開くと閉じる。

この動作によって相手を崩す、これを端的に身につける一つの方法をご紹介しますと。
胴体(最近、スポーツや体操の分野で体幹という表現を見かけますが、私はこの語彙が嫌いなので、ほぼ、同じ意味として胴体という語彙を持ちいます)から、動き出すこと。
これを実践するだけでも、随分と動きに妙が出てきます、もちろん、相手を崩すのも、より容易くなります。

ただ、言葉では「胴体から動き出す」という、単純な動作のように聞こえますが、いや、確かに簡単で単純です。

単純なのですが、日常今までの体の動かし方とはまったく異なるものになりますし、こんな動かし方に気づく人が少ない。この体の動かし方はもっとも体に、例えば膝など、関節に負担をかけない動かし方で、年齢を重ねれば重ねるほど重視しなければならないと思うのですが、ま・・・、無頓着なのでしょうね、自身の体について。

 この件については、次回、ちょっと具体例を上げながら書きます。

 

Powered by Nucleus CMS

(http://www.nucleuscms.org/)

前蹴りによる崩し

タイトル: 前蹴りによる崩し 続き

内容:

要点の一つとして歩くように蹴るというのがあります(使い古された言い回しではありますが)。

歩くように蹴るとはどういうことなのか。これはごく単純に、動き出した足先は円運動になります。と、同時に起点となる足の付け根は直線移動をします。

結果、足先は円運動をしつつ、直線運動を内に含む移動となります。

 

つまり、蹴りが当たる瞬間、足が伸び、相手の足をすくい上げる方向に動きます。

もちろん、意識的に足を伸ばそうとする必要はありません。

体を開くという動作が、この器用なことをこなしてくれます。

そして、開くという動作は移動を内に含むことで、ねじのような螺旋の動きを産みだし、一点に負荷がかかることを避けることが出きます。また、軽い蹴りでも案外効果があります。

多分ですが。

 

Powered by Nucleus CMS

(http://www.nucleuscms.org/)

教室にて 相手を崩す蹴り

monobetoshiyuki2012-11-24

蹴りで崩すこと

一つの型として、お互いが向かい合い、ちょうど、お互いの脛が当たる感じで前蹴りをする。当然、脛と脛が当たり、痛い思いをしなければならないのですが、まともに当たらないよう蹴り足を動かし、相手の姿勢を崩す。

私はかなり遅れて行ったので、あまり練習をしていませんが、上記のような練習もしていました。まともに当たると痛いし、用心して動こうとすると、動きが鈍くなってしまったり、初めから、準備をしてしまう。

少し練習をしながら、これは包丁で大根を切るのと似ているなと思いました。
まな板に大根を載せ、包丁を上からぎゅっと押さえ込んでも、なかなか大根は切れない、
でも滑らすように引きながら切ると、簡単に切れる。
ついでに書くと、包丁をまな板と平行に動かす力は腕が発するのではなく、右胸が、右で包丁を持っている場合は、前後に動いて包丁を滑らすため、動きがなめらかになる。
その辺も今回の蹴りによる崩しの練習と似ていると思いました。